ニキビきれいにな~れ♪ニキビ情報ブログ

ニキビに関する情報ブログ♪ ニキビの原因から改善方法、オススメニキビ化粧品の紹介まで、ニキビに関するイロイロなお得情報をご紹介します!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニキビケアと洗顔:ニキビケアと洗顔の重要性

ニキビを改善するためには毎日の継続したスキンケアは欠かせません。


どんなにニキビに効果がある化粧品を使ったとしても、
毎日継続してスキンケアしなければ意味がありません。


逆にいえば、安い化粧品でもあなたの肌質に合っていて、
正しいスキンケアが出来れば十分にニキビを改善することができるのです♪

そのために正しいニキビケアを知ることから始めましょう!




【洗顔はニキビケアの基本中の基本】


洗顔はニキビケアの中でもっとも重要といえるスキンケアです。


まず、肌表面の汚れや毛穴の角質、メイク汚れなどをしっかり落とさないと、
その後にいくら効果のある化粧水や美容液を使用しても浸透せず、
ニキビの根本的な改善にはなりません。



ニキビを治すならまずは正しい洗顔から。


この「落とす」という作業はニキビの原因である【皮脂】【毛穴のつまり】【アクネ菌の増殖】
すべてを取り除くことができるのです!




スキンケアといえば、高価な化粧品や美容液を使ったものと考えがちですが、
そうではなく、正しい洗顔料を使った洗顔が一番重要なニキビケアと言えます。









洗顔の重要性は理解していただけましたか? (・∀・)

次回からは正しい洗顔料の選びかたなど、実践編にいきます♪


正しいニキビケアを学んで、しっかりとスキンケアを行うことで、
ニキビレスな美肌を目指しましょう☆彡







スポンサーサイト

| ニキビケアと洗顔 | 21:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニキビケアと洗顔:市販の洗顔料には注意!


さて、突然ですが質問です!


あなたは今どんな洗顔料を使っていますか??







ニキビ専用のものを使用している方もいるかもしれませんが、
ドラックストアなどで簡単に手に入る市販の洗顔料を使われている方も多いかと思います。



しかし、市販の洗顔料を使われている方は注意が必要です!!


市販の洗顔料にほぼ配合されている界面活性剤はニキビ肌には刺激が強すぎます。



あなたのニキビはもしかしたら洗顔が原因かも??




安くて気軽に手に入るからこれでいいやと、
あまり意識せずに洗顔料を使っていると、思った以上にお肌に負担をかけることになり、
ニキビは一向に治らず、肌老化を進めるだけです。


毎日使う洗顔料。


成分も少し意識することでお肌に優しいスキンケアを行いましょう♪




| ニキビケアと洗顔 | 21:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニキビケアと洗顔:洗顔料の選び方講座


世の中にはたくさんの洗顔料が存在します。


実際どの洗顔料がお肌に一番いいのでしょうか?


毎日使う洗顔料です。

正しい洗顔料の選び方を知って、お肌に優しいスキンケアを行いましょう!






【正しい洗顔料の選び方】

洗顔料には次のような種類があります。



■石鹸タイプ

■フォームタイプ

■クリーム状や液状タイプ




ほとんどの方が石鹸タイプかフォームタイプに分かれると思います。



お肌のためには石鹸タイプを使用しましょう☆


洗顔フォームタイプは管理も簡単ですし、使っている方もかなり多いですが、
フォームタイプには30%近くの油分が配合されているものがほとんどです。


洗顔後につっぱりにくいと書かれているものなどは、
かなり多くの油分が配合されています。


また、フォームタイプは油分が多く配合されている分、
洗浄力を高めるために刺激の強い界面活性剤が多く配合されているため、
お肌にかなりの負担をかけています。




逆に石鹸タイプは洗い上がりがさっぱりとしているため、
お肌に余分な油分を残すことなくしっかりと汚れを落とす効果があります。

乾燥が気になる方などは、洗い上がりがつっぱるからと石鹸タイプをあえて使っていないという方もいますが、
乾燥はその後のケアで十分補うことができます。



洗顔はあくまでも「落とす」作業です。


一日の生活で肌表面にたまったチリやほこり、余分な皮脂や毛穴につまった汚れを肌に負担をかけずに
しっかりと洗うことが重要なのです。


そのため、洗いあがったお肌に余計なものが残らない石鹸タイプを使用することを
オススメします☆


ちなみにクリームタイプや液状タイプなどはお肌には優しいイメージですが、
洗浄力が足りず、汚れを落としきれないことがあるのであまりお勧めしません。





以上が正しい洗顔料の選び方講座です♪





まずは正しい洗顔料を選んで毎日の「落とす」作業を徹底的に行いましょう。

それだけでお肌はいい方向へ向かっていきますよ(´∀`)


| ニキビケアと洗顔 | 21:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニキビケアと洗顔:8割の人は洗顔で力を入れ過ぎている!

さて、今まで正しい洗顔料の選び方やニキビケアを行う上で洗顔がとても大切だということを
お話してきました。

でも、いくら肌に合った洗顔料を選ぶことができたとしても、
正しい洗顔方法で洗顔しなければ、お肌を逆に刺激するだけになっていまうので注意しましょう。




【洗顔は丁寧に超やさしくが基本】


よく雑誌やテレビで洗顔をするときは「丁寧に」とか「優しく」とか言いますよね?

でも、その丁寧にとか優しくが具体的にどのくらいなのか知っていますか?



まず、私が知る中ではほとんどの人が洗顔の時に力を入れすぎていると感じます。


まぁ、家族や友達、温泉に行った時などに観察した結果ですけどw



だいたいの皆さんは手のひらを直接お肌にこすりつけながら洗っています。

ひどい人は、おじさんがお店のお手拭で顔を拭くように
「ゴシゴシゴシ、はい、終わり」みたいな人もいます。

それではお肌を傷つけるだけでニキビの改善なんてできません。




私が洗顔のときに注意してほしいポイントをいくつかあげるのでチェックしてみて下さい♪


・泡はたっぷりと弾力のある泡を作る

・洗いはじめる順番は皮脂分泌の多い、Tゾーンや鼻から

・顔と手のひらの間の「泡」で優しく洗い上げる

・ざらつきや皮脂が気になるところは少し時間をかけて丁寧に

・すすぎは最低でも10回以上はする

・髪の生え際、こめかみの部分とくに丁寧にすすぎを行う





以上です!



次回から一つずつ順番に詳しく説明していきますので、是非活用してみてください☆


| ニキビケアと洗顔 | 16:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

洗顔チェックポイント1~たっぷりと弾力のある泡を作る~

洗顔を行うときに丁寧に優しくというのが基本ですが、
たっぷりとした弾力のある泡を意識して作っている人は少ないと思います。


私が実際に体験したことですが、同じ洗顔料でも少し意識して丁寧に作った弾力のある泡の方が
洗いあがったときのお肌がまったく違っていました。


気になっていた小鼻まわりのざらつきもツルツルになるほど。

それほど泡の出来によって洗い上がりが変わるということなのです。

是非、弾力のある泡の作り方をマスターしてくださいね♪





【弾力のある泡の作り方】


まず、泡立ちのいい洗顔料を選ぶようにしましょう。

泡立てネットを使うと簡単に弾力のある泡が作れるので是非活用してください。


1 泡立てネットを水でぬらし、しっかりと水気を切る
(泡立てネットに余計な水分が残っていると泡の弾力が少なくなるため)

2 泡立てネットに洗顔料をつけます

3 泡立てネットの両端を持って、間に空間があることを意識しながら優しく泡立てます。
(ゴシゴシ力を入れると泡立ちにくいので、優しく行いましょう)



これだけで弾力のある柔らかい泡ができるはずです♪


コツは泡立てネットの持ち方と優しく泡立てるというところ。



少し意識するだけでも、同じ洗顔料で作った泡!?と思うほど、
全然違う泡ができますのでがんばってみてください☆


| ニキビケアと洗顔 | 16:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。